読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

小さい頃は心理学者になりたかったのと心のチューニングの話。

覚書に近い

こんにちは、先日くじいた足がようやくきちんと治ってきたおぐらです。

 

皆さんは小さい頃にどんな夢を持っていましたか?

ケーキ屋さん、アイドル、最近は公務員!なんて夢の子も多いんじゃないでしょうか。

 

わたしも色々な夢を見ながら育ってきましたが、思い返せば一時期「心理学者になりたい」という夢がありました。

 

そんなに強い夢ではなかったものの、後々になって「どうやら心理学というのはものすごい統計処理の知識が必要らしいぞ」という噂を聞いて、いよいよ今までスッカリ忘れてるレベルで無かったことになっていました。

 

最近になっていろいろな方とお話して「人の心はおもしろいなぁ」と感じ、ふと心理学者を目指していた幼い頃を思い出しました。

f:id:ogura_pp:20170313134103j:plain

 

なんで心理学者を目指していたんだろう?

 

もはや直接的なキッカケは思い出せませんが、おそらく小さい頃からの「じぶんの気持ちも人の気持ちもよくわからないなあ」ということがあったからだと思います。

 

あまり多くの人と接する環境になかったので、人の心を察するというのはものすごく苦手な作業でした。

 

苦手だったからこそどうにかしたかったし、上手くいったときの喜びは人一倍だったと思います。

 

今では意図して楽しんでいますが、いろいろな立場の方と話しながら「この人はものごとをどういう風に考えているんだろう?」と推察しています。

 

年も性別も職業も違っていても、同じような思考パターンの人がいれば、同じベクトルの業種だとやっぱり考え方が近かったりして、とても面白いです。

 

f:id:ogura_pp:20160421085551j:plain

 

人生相談、というほどではありませんが、時折「悩み」を聞く機会があります。

 

「こういうときにセラピーとかカウンセリングの知識があればなぁ」と思いつつ、まず問題をハッキリさせるところから、これまで接してきた方々の思考パターンや行動・結果を参考にしつつ「どこがモヤモヤしていたか」を一緒に考えていきます。

 

こういう作業はとっても好きなので仕事にできたらいいなぁと思ってはいますが、なんとなく「カウンセリング」でもないし「セラピー」でもないし、なんだかしっくりくる表現が欲しいと考えていたところ、最近になって「チューニング」という作業が自分のやりたいことに近そうだと行き当たったのです。

 

調律会社の広告を見たのがきっかけなんですが、チューニングというのは画一的に整えるだけではなくて、演者のクセやその他いろいろな要素を加味しつつ行う作業なんだそうです。

 

じっくり音を聞きながら、どこが歪んでいるのか、どこが原因なのか、どうやって調整するか。どういう音が出たら嬉しいのか、どうやって演奏するのか。

 

自分の心もチューニングしながら、それがいつか皆さんにも提供できるように成長していきたいと思います、おぐらでした(・ω・)ノ

気持ち良く平常運転に戻れた5年目の本州生活。

札幌での仕事が終わった後、昨日まで道内の実家へ帰省していました。

 

f:id:ogura_pp:20170308111706j:plain

 

飛行機なら2時間弱とはいえ、やれ空港までの移動やら待機時間やら空港から家までの移動など、なんだかんだ北海道と愛知への行き来は1日がかりです。

 

一緒に行き来する小さな娘の疲労が心配でしたが、これまで色々同行してすっかり旅慣れしたのか、今日はいつもより早起きして元気に幼稚園へ向かいましたね。

 

対する私は今日の気圧が低めなのを確認し、身体のアチコチが痛いのを感じながらコワーキングスペースへ。

 

これまで帰省後は生活ペースが上手く取り戻せないまま気が付いたら1か月経ってた…なんていうことが毎回だったので、今日こうしてオンラインショップのメンテナンスしたりブログ書いたりなんていうのは奇跡のようです。

 

備忘録も兼ねて以前と何が違うか振り返ってみると、

コワーキングスペースを利用して仕事モードと家事モードの切り替えをスムーズに

・「実家なら子どもの面倒を見てもらってたまった仕事を片づけられる」なんていう幻想は捨てて余計な仕事・荷物を持ち込まない

・荷ほどきが少なくて済むように、ある程度の荷物は実家に置かせてもらって荷物を最小限に

・家事より仕事を優先して取り組む(やりやすい方からやる)

 

また、これまでの規制では「次いつ来れるかわからないから」という理由であちこち見て回ったり地元の友達と会ったりしてかなり疲弊していましたが、今回は実家でとにかくゆっくり暮らしてきました。

 

「次いつ来れるかわからない」と考えるより、「いつでも来られるように根回ししよう」と考えられるようになったので、札幌での講習スペースの下見などをし、「さて次はいつ北海道へ行こうかな」と前向きな気持ちで戻ってくることができました。

 

twitterでは元気いっぱいに発言しているので意外に思われるかもしれませんが、わたしは常に怯えながら生きていたので、蓄光レジンブームは1年も持たないのではないかと怯えながら、親の死に目以外で北海道へは二度と戻れないのではないかと怯えながら仕事をしていました。

 

怯えることをやめて、工夫してやりたいこと・できることに集中すると、こうも心穏やかなのかと思いながら、今日も生きています。おぐらでした(・ω・)ノ

貪欲かつ誠実に、北海道での仕事と感謝

昨日のスタートアップウィークエンド豊橋、参加者でなくても最終プレゼンの見学ができます。 

oguradiary.hatenablog.com

 

最終プレゼンでは審査員からの質疑応答があったり、コーチ陣からのコメントがあったり、起業に関するプチセミナーのようなものがあったり、見学だけでもすごく豪華な内容でしたよ。

 

審査員やコーチの面々は簡単にいうと「ちょーすごい経営者たち」なわけで、普通に生きてて彼らの話を直接聞ける機会はこういう時じゃないとないなーと、すごい集中して聞いていたら頭痛がするほどバテたので普段かもう少し脳みそは使いっていこうと思います。

 

f:id:ogura_pp:20161125114227j:plain

 

わたしがなんとなく「すごいなー」と思う人々は、皆さん「貪欲かつ誠実」であるなと思いました。そしてその精度が高く、とにかく行動する人々。

 

起業は特に「大胆かつ慎重に」みたいな一見相反するようなものの両立が必要なんだな、というのはプレゼンの見学だけでもひしひしと伝わってきました。

 

わたしが北海道から愛知へ嫁いだころ、そういう人生を選んだからには「主婦の身分で好きな時にお金や時間に困らず北海道と愛知を行き来できる」なんていうことは、望むことすら許されないと思っていました。

 

けれども、せめて年に1回はそうできるように勤務場所や拘束時間の無い仕事に携わろう、と考えて行動したのが「蓄光」というものと出会うきっかけだったんです。

 

やや不純な動機が入り口ではありましたが、その後の「蓄光」「蓄光で知り合った関係者」への取り組みは、我ながらかなり誠実なものだったと思いますし、今後もより誠実であろうと考えています。

 

蓄光に関わる仕事に出会ってから4年以上、個人でやりはじめてから2年が過ぎましたが、今回は招いていただく形で札幌へ仕事でいくことになりました。

 

ああ、わたしのワガママだと思っていた望みが、人から求められる形で叶うのか、と思うと感慨深いものです。

 

また、そのきっかけを直接的に間接的に与えていただいた皆さん、支えてくれる家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

嬉しさでフワフワしてしまいそうですが、今回限りではなく今後も北海道と仕事でもご縁が続くよう、きちんと結果を残さなくてはなりません。

 

貪欲さと誠実さを忘れずに。

 

今日も最終準備を進めています。おぐらでした(・ω・)ノ

起業・税務・起業の3日間、そして蓄光へ

こんにちは、低気圧にすこぶる弱いおぐらです。

 

写真は昨日まで3日間行われていたスタートアップウィークエンド豊橋(SW豊橋)の最終プレゼン(開始直前)の様子です。

 

f:id:ogura_pp:20170220122654j:plain

 

もうすぐ北海道へ行く直前だというのに、金曜日にSW豊橋1日目のピッチを見学、土曜日に「ハンドメイド作家さんのための確定申告相談会」を開催、日曜日にSW豊橋の最終プレゼンを見学という、ただでさえ体力の無いわたしには明らかにインプット内容多すぎる3日間でしたが、案の定、今日はバテてます。しかもそういう日に限って気圧が低い。

 

さらに普段ほとんど出張の無い主人がよりにもよってこの3日間まるっと出張となり、予定していたことをこなすには3日間どこかしらで託児をしなくてはいけない状況でした。

 

金銭的なことのみ考えると託児をすると大赤字なので、少なくともSW豊橋の見学はやめておこうかな…と少し考えていましたが、結果から言うと、ちょっと無理してでも見学して本当に良かったです。その辺りについて詳しくはまたの機会に。

 

以前結婚してからはじめて終電まで飲んでいたら、そのおかげで馬の合うミャンマー人女子と出会えたことがありましたが、今回も偶然隣に座っていた方に声をかけたら「また今度ゆっくりお話ししましょう!」ということになったので、人生わからないものですね。

 

インプットが多すぎてまだ脳内で消化しきれていない感じですが、こうして書き出して、次に迫る北海道でのお仕事にしっかり切り替えていきたいと思います。おぐらでした(・ω・)ノ

税務とハンドメイド活動。確定申告相談会開催レポート

こんにちは、クラフトプロモーターおぐらです。

本日は名古屋にて税理士さんをお呼びしての「ハンドメイド作家さんのための確定申告相談会」を行いました。

f:id:ogura_pp:20170218230103j:image

ものづくり大好き!

でも、記録したり計算したりはちょっと…という方々、とっても多いんじゃないかと思います。

自分だけの趣味として楽しむのであればいんですが、販売して売上が出るとなると避けて通れないのが税務。

今回の相談会は「販売をはじめたばかり」の方から「数年前から確定申告をしていて税理士さんも付いてるけど、また理解が足りずモヤモヤする」という方、また扶養に入っていたりハンドメイド販売とは別に給与所得があったり…と様々な活動パターンでしたが、皆さん目からウロコがポロポロ落ちていらっしゃいました^ ^


今回の相談会を通して気づいたことについては、また個別にご報告しますね!おぐらでした ・ω・)ノ