読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

本気でTwitter運用をはじめるなら、きちんと最適化したい3つの要素

こんにちは、数年前までFacebookやinstagramなど様々なSNSツールを使っては失敗し、最後に行き着いたTwitterを本気で運用しはじめたおぐらです。 特にわたしの商品・サービスがTwitterに適していたということもありますが、おかげさまで現在はTwitterとブロ…

時間も気持ちエネルギーも有限だから、その采配も含めてtwitter運用の観点から。

ハンドメイドユーザーの中で作品のパクられ問題はもはや「聞かぬ日はない」といっても過言ではないかと思いますが、その対応としておすすめなのは他の多くの方もいっているように「気にしない」です。 どうしても気になっちゃう気持ちはよくよくわかるのです…

投票結果に左右されない投票機能の使い方

今回はTwitterに比較的新しく実装された「投票機能」についての使い方ノウハウです。 (親記事) oguradiary.hatenablog.com よく ハンドメイドユーザーさんでみかけるのが「この4つのうちのどれが欲しいですか?」や「どの価格帯がいいですか?」といった…

twitterを心から楽しめる関係性をつくる3つのステップ

どんな人でも、できれば「好き放題やってチヤホヤされたい」という欲求を持っているかと思います。好きな人には好かれたいと思うし、誰にも嫌われたくないとも思いますよね。それはTwitterの中でも同じこと。 けれども、なかなかそうはいかないわけです。 好…

twitter疲れしてない? 3つのチェックポイントと対処法

皆さんは「SNS疲れ」を知っていますか? SNS疲れというのは、FacebookやLINEなど楽しむために使っていたはずのツールが段々と苦痛になってきてしまうことです。 twitterはメジャーなSNSの中では「ゆるい」部類に入るので比較的SNS疲れになりにくい「はず…

twitterはビジネスツールに使えるのかどうか問題についてぼんやりした回答

こんにちは、ちょっと気持ち悪いくらいTwitterに詳しいおぐらです。 わたしがTwitterをしっかり使い始めたのは「他のツールがだめで最終手段のTwitterが上手くいった」からに他ならないのですが、一般的にはビジネスで使うSNSとしてはFacebookやInstagramの…

崖っぷちの原石を救うツールとなりうるか?「帯のない新刊」あいの結婚相談所をTwitter運用の観点から

こんにちは、かつて崖っぷちギリギリのところでTwitterに救ってもらった蓄光エバンジェリストのおぐらです。 twitterやブログでは基本的にハンドメイドに関係する方々への講習や情報発信を行っていますが、豊橋では「自力でがんばるWEBプロモーションレッス…

自分のTwitterは自分のものであって自分のものでない感覚を持とう

こんにちは、コワーキングスペースで念願のソファー席(早い者勝ちなのだ)を手に入れたらフカフカ気持ちよすぎて全然はかどらないおぐらです。 たしかノルマが16本?17本?くらいあるtwitter使いこなし術の記事の続きです。 oguradiary.hatenablog.com …

人生で一番嫌いだった「絆」という言葉を神格化させた脳科学すごい

小学生高学年の頃の担任はとかく「絆」というワードをぐいぐい推してくる人でした。 わりと冷めてる小学生だったわたしは、その担任が求めてくる「子どもらしさ」が苦手でしょうがなく、毎日発行される学級通信にところせましと並ぶ「絆」に嫌悪すら持ってい…

いつか200人を集めて蓄光ナイトしたいから、みんな会いに来てね

こんにちは、蓄光エバンジェリストおぐらです。って名乗りつつこのブログではほぼ蓄光について書いていないんですが、別ブログは用意しているんですほんとうです。 敬愛なるハンドメイド起業コンサルタントあーや先生がどこか(書籍かブログかTwitterか)で…

蓄光が広まれば百万人からバカだと思われてもいいんだけど、それで法人対応に傷がつかないかやや心配な話

こんにちは、Twitterとメールと直接会った印象が180度違う一回転半印象のおぐらです。 昨日は東京へ往復9時間運転して3時間滞在する(※運転のための休憩時間除く)という我ながらどうかしてる日程でデザインフェスタを覗いてきました。 以前ワークショ…

twitterで特定のキーワードに情報を集めたいときの下準備

こんにちは、蓄光エバンジェリストおぐらです。 今回はものすごく地味だけどものすごく大切な「どのキーワードで設定してがんばるか?」というお話です。 (親記事) oguradiary.hatenablog.com 「わしが蓄光を流行らせた!」というと飛んできていちゃもんつ…

ブランドモーメンタムを形成せよ!ゼロからはじめるTwitterブランディング術

こんにちは、蓄光エバンジェリストおぐらです。 早速ですが、胸焼けしそうなTwitter運用のお話です。 (親記事はこちら) oguradiary.hatenablog.com 「蓄光」というマニアックで扱いにくいものがハンドメイドユーザーの間でどんどん流行っていったというに…

さあ、復讐と恩返しの時間をはじめよう。ハンドメイドのためのTwitter使いこなし術

こんにちは、煽り気味のタイトルにしましたが、実際の内容はいたってソフトなのでご安心ください。※ナイスな顔つきのハシビロコウ画像は内容には一切関係がありません。 わたしがTwitterを「きちんと」使い始めたのは、2014年の寒さを感じてきた季節だっ…

Twitterで絶対流行るハンドメイド部活動をつくる3つのポイント

こんにちは、ちょっと人から引かれるくらいハンドメイド関連のTwitter事情に詳しいおぐらです。 インパクトありすぎるハンドメイド作品や周辺器具、果てはアプリ開発などなど、いつも予想もつかない面白いことをやっている所長さん twitter.com が! ハンド…

ハンドメイドを仕事にするにはどのくらいフォロワー数が必要なんだろう?

先ほどのエントリーは「Twitterアカウントの第一印象」を改善しよう!というお話でした。 oguradiary.hatenablog.com なんで第一印象を良くした方がいいかっていうと、やはりフォロワー数(見込み客・ファン)を増やすためなわけですが、具体的にどのくらい…

自力では克服しにくいTwitterアカウントの印象改善レッスン

以前モニターを募集して実施していました、Twitterアカウントの第一印象改善レッスン。今日ちょうどその時のモニターさんから「ここまでフォロワー増えました!」という嬉しいご報告をいただきました^ ^ 作品はすごーく素敵なのに、なんだかフォロワーは伸び…

なんとなくで設定してない? Twitterアカウントの第一印象を決めるポイント3つ

こんにちは、おぐらです(・ω・)ノ ゼロからはじめるちいさなものづくりビジネスのための「わたしらしく拡散力をつけるTwitter運用術」をゆるゆるとご提案しています。 (親記事) oguradiary.hatenablog.com 「Twitterアカウントの第一印象」って考えたこと…

わたしらしく拡散力をつけるTwitter運用術

わたしが「きちんと」Twitterを利用し始めてから1年半。個人アカウントである @ogura_pp はフォロワーさんは約2000人となりました。 この一年半はあまりにもTwitterに時間と労力をかけすぎて自分でもちょっとマズイかなと思ったのですが、開き直っても…

認められるほど自由が無くなるジレンマ

1000フォロワーってそれなりの大台です。著名人なんかに比べればそりゃあ少ないですが、ハンドメイドアカウントであれば十分それなりです。ちなみに、士業の人なんかがビジネスでTwitter使うには2000〜3000は必要らしいです。1000フォロワーって桁違いなだけ…

フォロワー数の成長期と熟成期

Twitterでフォロワー数増やすのってやろうと思えば簡単だけど、ちゃんとやろうとするとそれなりに大変です。ずっとちゃんとやろうとするとしんどいので、私がアドバイスする時にはおおよそのフォロワー数で段階をつくって行動してもらっています。ほんとにだ…

あやふや目的は余分なものを削って明確になる

Twitterの運用ポリシーをつくるにあたって、目的の明確化について。 わたしがTwitterの運用アドバイスをするときは、まず「商用ですか?私用ですか?」と伺います。ハンドメイド作家さんは結構この辺が曖昧です。「半々ぐらいでやりたいんです」という方も実…

あなたがTwitterやる目的はなんですか?

Twitterはツールであり、手段のひとつです。 他のことにも言えることですが「手段が目的化してしまう」のは気づいてないだけで、たくさんの人が陥っていて(わたしもそうでした)、失敗や悩みの原因になっています。 ちなみに、「目標」と「目的」の違いって…

Twitterがナノビジネスに向いてると思う理由

最近はTwitterについてのビジネス書をなるべく読むようにしてます。で、まず思ったのが「Twitterのビジネス書ねぇ!!!!!」今さら目新しいツールではないですから、あんまり刊行自体されてません。昔のやつを何冊か読んでみましたが、ちょっと情報として…

あなたがTwitter運用で悩むたったひとつの理由

人から「おぐらさんってTwitter得意ですよね」と言われて自分でものすごく驚いたことがあります。どうやらTwitterはじめる前の苦手意識からか今思うと「やりすぎだろ」ってレベルでTwitterについて調べてたので、いつの間にかある程度得意になっていたのかも…