おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

駆け出し作家さんがイベント準備で不安にならないためには

前回は「なぜイベント前に不安でしょうがなくなるのか」というお話でしたが、今回はその「不安感」を減らすためのTipsです。

 

f:id:ogura_pp:20160421085551j:plain

 

「不確実性を減らす」ためには、イベント前の準備を「できるだけ具体的に目標立ててこなしていく」のがおすすめです。

 

※それなりに販売経験・実績のあるハンドメイド作家さんであれば具体的な売り上げ目標や在庫数は明確かと思いますので、「そうでない方」向けの無いようになっています。ご了承ください。

 

 ブースの広さを体感する

「最低限ブースが埋まるくらい作品をつくっていきたい!」とは皆さん思うかと思います。では、ブースが埋まるくらいの作品数とはどのくらいでしょうか?

 

一般的な会議用の長テーブルを使用する場合、サイズは45cm×180cmです。テーブル半分がブース面積の場合、幅は90センチ。例えばA4サイズのコピー用紙は21cm×29.7cmなので、余裕をもって横向きに並べると6枚分くらいになります。

 

皆さんぜひお手もとにA4サイズの紙を6枚用意して実際に並べてみてください。もしあなたがA4サイズの作品をつくるのであれば、6個あればブースは埋まるわけです。

 

さすがにそういう方は少ないかと思うので、紙を半分にしてみましょう。A5サイズ。布やニット作品はこのくらいになるでしょうか。アクセサリーの場合はまだ大きいですね、さらに半分…ネックレスを多く作る方なら縦長に切ってみましょう。ピアスを多く作る方ならさらに半分にすることになるかと思います。

 

こうやって、自分の作品を考えなら6枚分切ってみてください。何枚になりましたか? 10枚の人もいれば、50枚の人もいるかもしれません。では、実際に完成済の作品はいくつありますか?

 

もしかすると、全然個数が足りていない人もいるかもしれません。イベントは目前なのに焦るかもしれませんが、しかしそれは「不足しているのがハッキリとわかっている」状態で、「漠然とした不安感」とは別物になっているかと思います。

 

急いで作品数を増やすのであれば、「いつまでに何個」が明確になります。「つくる時間が無い」のであれば、空いてしまうであろうスペースはブランドカードや魅力的なディスプレイ用品を置くスペースと決めるのも良いでしょう。

 

たった1つのこと(今回はブース面積を埋めること)を明確にするだけでも、「なにをしなくてはならないか」が次々と見えてきます。これまで漠然と抱えてきた不安は、問題を解決するモチベーションへと変わるはずです。(了)

 

 

充実したハンドメイドライフを! おぐらでした(・ω・)ノ