読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

あなたがTwitter運用で悩むたったひとつの理由

人から「おぐらさんってTwitter得意ですよね」と言われて自分でものすごく驚いたことがあります。どうやらTwitterはじめる前の苦手意識からか今思うと「やりすぎだろ」ってレベルでTwitterについて調べてたので、いつの間にかある程度得意になっていたのかもしれません。

たしかに、ハンドメイドユーザーさんでも「とにかく一喜一憂してる方」とか「作品はいいのになぜかフォロワーさん少ない人」とか、いらっしゃいます。

皆さん本当は色々悩んでいるんじゃないかな〜って最近は思いはじめました。


f:id:ogura_pp:20160421161734j:image

実際に何人かの方とはDMで相談を受けたことがあります。気になる人をじっくり観察と分析してみたりも。


理由はたったひとつ。「運用ポリシーがない (もしくは適切でない)」んです。

運用ポリシーというのは、利用する上での方針やルールの総称です。大きな企業さんではソーシャルメディアの利用上では厳格な運用ポリシーが規定されています。

「あの」ゆるゆるなツイートでおなじみのシャープさんもTwitter運用についてのガイドラインはしっかり明記されています。

ちなみち「この」ゆるゆるなおぐらさん(@ogura_pp)のTwitterアカウントでも運用ポリシーはしっかり持っています。

なので「やるべきこと」を「どうやるか」は明確なので、日々それに向かって進んでるだけです。リムられようがブロックされようが、全く気になりません。

時々やらかすこともありますが、目的がハッキリしていれば、そこを守るだけですし、それ以外の損失は甘んじて受け入れます。必要ないから。


運用ポリシーはなにも大企業だけのものではありません。内容もかたっ苦しくなくていいんです。「結局Twitterでなにをどうしたいの?」ということを整理してまとめることなんです。


ハンドメイドユーザーさんは心優しい人が多いので、傷つかなくていいところでも傷ついていることが多々あるんだと思います。それはなんとももったいない話なので、「Twitterやる上で余計なことに悩まなくていい」Tipsは今後少しずつご紹介していきたいと思います。おぐらでした(・Д・)ノ