おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

Twitterがナノビジネスに向いてると思う理由

最近はTwitterについてのビジネス書をなるべく読むようにしてます。で、まず思ったのが「Twitterのビジネス書ねぇ!!!!!」

今さら目新しいツールではないですから、あんまり刊行自体されてません。昔のやつを何冊か読んでみましたが、ちょっと情報として古いですね。

そんなTwitterの本を出している著者の方が今なにをしてるのか……調べてみたら、Facebookしてました。

なんか落語みたいな話ですが、Facebookは「ビジネス上著名人ほど有利」なSNSだと思うので非常に納得です。

一方でTwitterTwitterの良いところは「大企業だろうが一個人だろうがスタートラインは一緒」ということです。

ちょっと調べればわかりますが、どんなに有名な企業でも面白いことをつぶやいてないアカウントは笑えるくらいフォロワーが少ないです。意外とみんなシビア。

f:id:ogura_pp:20160421164541j:image

Facebookページのビジネス利用も一時期勉強してたことがあるんですが、だいたいみんな「まずはリアルの知り合いやお客様に いいね! をしてもらいましょう!」という内容で「それができたら苦労しないんですよねーーー!!!」となって断念しました。

実際、Facebookページって「ある程度 いいね!数がないと開放されない機能」があるので、「最低限の知名度とか交流」が無いと非常につらいです。


ここで、皆さんは「中小企業」の定義をご存知ですか?お手数おかけしますがぜひググってみてください。

………


えっ、中小企業ってでかくね??って思いませんか。はい。その中でもさらに小さな規模のことを「零細企業」と言いますが、この辺りがいわゆる「スモールビジネス」と言われる段階でしょうか。

ハンドメイド作家さんなんかは個人事業ですよね。さらにその中で「まだ知名度の低い」人だとしたら、マイクロビジネス?いや、まだナノビジネスくらい?

ということで、私がナノビジネスにはFacebookページよりTwitterをオススメする理由でした。


「いやいやいやそれならTwitterじゃなくてブログやるべきだろアホめ」って思った方は非常に正しいです。が、ここで「ブログのコンセプトがパッと出ないくらい駆け出しの方」には先にミニブログであるTwitterをおすすめしたいのです。その話はまた次の機会に! おぐらでした(・Д・)ノ