読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

あなたがTwitterやる目的はなんですか?

Twitterツールであり、手段のひとつです。

他のことにも言えることですが「手段が目的化してしまう」のは気づいてないだけで、たくさんの人が陥っていて(わたしもそうでした)、失敗や悩みの原因になっています。

 

ちなみに、「目標」と「目的」の違いってとっても大切なのであやふやな方はこの機会に調べてみてくださいね!

 

目的がハッキリしたアカウントってフォローしてもらいやすいです。自分がフォローする側になって考えてみるとわかりますが、安心なんですよね。

 

ハンドメイド系アカウントであれば、「レジンbot」さんは「このアカウントをフォローすれば確実に素敵なレジン情報が流れてくる」というのが明確ですよね。

 

もしもレジンbotさんが毎日お昼に食べるランチ情報とかをツイートしていたら、いまほどフォロワー数は増えてないはずです。「レジンの情報が欲しいのにランチ情報が流れてくる」というのはユーザーからすると、とってもストレスです。

 

ハンドメイド作家さんであれば、大前提としてフォロワーさんは「わたしや作品を応援してくれる人々」が望ましいです。

 

相互フォロー100%!」みたいなアカウントでフォロワー数を稼いでも、フォロー以上のことはしてくれません。きちんと応援してくれる人々であれば、「応援するアクション」をしてくれます。それが皆さんのハンドメイド活動を累乗的に盛り上げてくれます。

 

細かいこと言うと「誰でもいいからフォローしてもらうべき時期」もあるはあるんですが、そのへんは追々!

 

 

ラスボスじゃないですが、「目的」には第二、第三形態があると思ってください。

 

いま自分で「これが目的だ」と思っているのは第一形態。

 

そこからよくよくよくよく考えて絞り込んで見えてくるのが第二形態。

 

そこに向かって走ってるところで「あれ??根本的にはこれがやりたいんじゃないの?」と、さらに先が見えてくるのが第三形態。

 

スパーーンといきなり第三形態の目的が見える方もいると思うんですが、たぶん私のブログに共感されるかたは私に似てると思うので、地道に目的を進化させていく方が合ってると思います。

 

私の場合は、こう見えても商用目的でTwitterをはじめたので、明確に「蓄光を売るため」という目的がありました。これが第一形態。ただこれがペラッペラの「売るため」っていう意識で、次には「蓄光が売れる場をつくる」第二形態にシフトしました。この時点で、直接的に売り上げをあげる目的はショップアカウントをつくって役割を移行させています。

 

で、今は第三形態。この内容については秘密ですが、こうして「蓄光以外の話題」も積極的にツイートしはじめたのは目的が変わったからです。

 

ということで、目的は変わってもいいんです。ただ、無いと読む側が安心できるアカウントにはなりません。だから具体的にどうすんのよ!ってイライラしてきた方もいるかと思いますがそれは次回に! おぐらでした(・ω・)ノ