おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

認められるほど自由が無くなるジレンマ

1000フォロワーってそれなりの大台です。著名人なんかに比べればそりゃあ少ないですが、ハンドメイドアカウントであれば十分それなりです。

ちなみに、士業の人なんかがビジネスでTwitter使うには2000〜3000は必要らしいです。

1000フォロワーって桁違いなだけあって、端から見た印象も変わってきます。ただ、実際にこれ以上ある方ならわかるかと思いますが、この辺から「自由にできない」ってなりはじめるかと思います。

イメージするなら、自分の手の中にあった「じぶん」が、1000人の手の上に「ある」感覚です。ブランディングとしては大成功ですが、ともすれば「わたしがわたしのものでなくなる」感覚も少なからずあります。

「おぐらさんらしいね!」って言われるのはとっても嬉しいですが、半面「おぐらさんらしくあらねばならない」っていうプレッシャーも少しあります。

そりゃあたまーーーには「蓄光のことを考えたくない」ときもありますが、それをツイートしちゃうと、わたしのアカウントの信頼が根底から崩れてしまうわけです。100アカウントくらいのときならそこまで影響は無いかもしれませんが、1000フォロワーのときにそれをやると損害は10倍じゃ済まないんです。

成功している作家さんほど弱音が吐けずに悩んでる方が多いそうです。ファンの方がそれを求めていないのをよくわかってるから。

ただ、みんなが「蓄光といえばおぐらさん!」と思ってくれているので、めげずに頑張れるんです。プレッシャーは大きすぎると潰れますが、ほどよければモチベーションにできますからね。「みんなに憧れられているプレッシャー」を感じている作家さんほど、それを高いクオリティ維持に活用されてるなと思います。


ただし、フォロワー数が増えたら完全に自由がなくなるわけではありません。

私の蓄光を広めるという目的が認められるのは「蓄光以外の行動」を制限しますが、「おぐらさん」というのが認められるのはむしろ「蓄光以外の行動」を自由にします。

例えば、蓄光以外のもののプロモーションやネタ的な話や北海道に帰りたくてしょうがない話とかは、「おぐらさんらしいね」というものなので、大丈夫なんです。

「やるべきこと」と「やりたいこと」をすり合わせるのは大変ではありますが、「許容範囲内の我慢なら受け入れる」上でなら、誰でも実現可能です。

そのためにも「やるべきこと」と「やりたいこと」をしっかり見定めるのが大切ですね! おぐらでした(・Д・)ノ