読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

なんとなくで設定してない? Twitterアカウントの第一印象を決めるポイント3つ

こんにちは、おぐらです(・ω・)ノ ゼロからはじめるちいさなものづくりビジネスのための「わたしらしく拡散力をつけるTwitter運用術」をゆるゆるとご提案しています。

 

(親記事)

oguradiary.hatenablog.com

 

Twitterアカウントの第一印象」って考えたことありますか?

 

SNSの中でもTwitterのような速度のあるツールでは、特にこのスマホ時代において「フォローするかしないか」というのは、まず最初の3秒間で80%が決まります。

 

もっと正確にいうと、この3秒間で「このアカウントに興味はないな」と思われてしまうと、どんなに素敵な作品をツイートしてようが、どんなに役立つ情報を発信していようが、まずフォローしてもらえないと思ってください。

 

ちなみに、このフォローしてもらえるか否か問題は「フォロバ100%です☆」みたいな相手は除外しています。正直言ってそういうアカウントからフォローを集めてもほぼ意味はありません。

 

別記事で書きますが、Twitterでは「拡散力=フォロワー数×フォロワー密度」だと思ってください。いくらフォロワー数があっても密度が低ければ効果は薄まりますし、逆に密なフォロワーさんでもあんまりにも数が少ないとそれはそれで拡散しにくくなります。

 

 

f:id:ogura_pp:20160515184205j:plain

アカウントの第一印象を決めるのは

  1. イコン画
  2. プロフィール文章
  3. ヘッダー画像

ちなみにこの順番も大切です。「自分のアカウントがどんなタイミングでどんな人にどのように見られるのか?」がきちんと把握できれば、それに対するアプローチもおのずと見えてきます。

 

先日モニター募集をかけまして、500フォロワー以下のハンドメイドアカウントさん数十人分のデータをとったところ、もっとも多くの人に改善の余地があったのは2のプロフィール文章でした。

 

「なんのためにその情報をプロフィール文書いてるの?」という素朴な質問をしたところ、多くの人がびっくりするんですよね。おそらく「なんとなく」とか「他の人がこう書いてるから」という方が大多数だったかと思います。

 

そこに加えて「大切な〇〇の情報が載っていませんが、いいんですか?」と問いかけると、皆さん驚かれつつも納得されて、真剣にプロフィール文を考え直してくれました。

 

もちろん私も添削やアドバイスをしましたが、やっぱり「自分のコアな部分であることこそ」「人からみてわかりやすく」書くって大変ですよね。私自身のそうなので、自分のことについては他の方に客観的に指摘してもらうようにしています。

 

少なくともフォロワー数500くらいまでは「あたりまえのことを最適化すること」が大切です。シェア展に参加するとか、プレ企画をするとか、短期間で集中的に注目される方法はいくつかありますが、やはりアカウントの第一印象が整っていない人は「瞬間的な注目」で終わってしまってフォローに繋がりません。フォロー自体が大切なわけではありいませんが、そこからさらに「応援してもらえる」段階になるまでは、やはりフォローしてもらうことが前提になります。

 

ぜひ自分のアカウントの印象がどんなものかを改めて考えてみてくださいね! おぐらでした(・ω・)ノ