読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

いっぱいRTもらってるのにフォローが少ない人は順番を間違えている場合が多い

こんにちは、おぐらです(・ω・)ノ ゼロからはじめるちいさなものづくりビジネスのための「わたしらしく拡散力をつけるTwitter運用術」をゆるゆるとご提案しています。

 

(親記事)

oguradiary.hatenablog.com

 

前回の記事で、Twitterで一気に自分のツイートを拡散してくれる(かもしれない)ハンドメイド界隈でのTwitterインフルエンサーのお話をしました。

 

oguradiary.hatenablog.com

 重ねて書きますが、ことハンドメイド・かつTwitterぐらいでないと「こんなに簡単に自分のツイートを拡散してくれるもの」ってありませんからね! 自力で拡散させる術もなくはないですが、フォロワー500くらいまでの「自力拡散力の少ないとき」はセオリーな手段を取るのをおすすめしています。

 

さて、上手く大きなフォロワーを持つアカウントからRTしてもらった!今まででは考えられないほどRTやいいね!をもらって……あれっ?でもフォロワーさん増えないぞ?

 

という方も多いと思います。

 

これは「瞬間的な注目」で終わっているために起こります。

 

f:id:ogura_pp:20151208164739j:plain

 

たまにRTが一万件以上なんていうツイートが流れてくることがありますが、そのツイート主をチェックすると案外「フォロワー数281」なんてことも珍しくありません。

 

炎上している場合を除き(逆に炎上だと興味本位のフォローが増えるのでばババっとフォロワー数増えてたりします)ある意味こういうのは「ツイートの中身があまりにも素晴らしい」という、素晴らしい結果ではあるのですが、反面「うーんでもこの人の発信する情報を継続的に読みたいわけではないなぁ」と思われているのです。実際、皆さんもそういう判断で「フォローしない」ということがよくあるかと思います。

 

大拡散からフォローにつなげるには、RTされたのを「きっかけ」にして自分への継続的な興味を持ってもらうことが必要です。

 

そこでまず大切なのが、アカウントの第一印象です。これは過去記事で軽く触れています。

 

oguradiary.hatenablog.com

 RTされた→おっ、この人どんな人だろう(プロフィール画面を見る)→うーん…

となると、まずフォローされませんよね。

 

ここで「おっ、この人が発信する情報をキャッチしたいな」と思う人がはじめてフォローしてくれるんです。

 

ここで大切なのは「プロフィールに書きたいことを書くのではなく、読み手が必要な情報を書いておく」ことです。Twitterのプロフィールに限ったことではありませんが、それに必然性やストーリー性があるほど魅力的ですし、もちろんそれに沿ったツイートがされているとぎゅんぎゅん支持してもらえるようになります。

 

TwitterFacebookの大きな違いは、Twitterユーザーは「情報収集をするツール」として捉えていることがあります。この辺はまた後日書きますね。

 

あなたをフォローして得られる価値はどんなものがありますか?

 

素敵な作品が見られる?

お役立ち情報が見られる?

他にはない情報がある?

 

それがアカウントのプロフィールページを見られた3秒の間に伝われば、きっとフォローしてもらえることでしょう。

 

順番としては

  1. アカウントの第一印象を整える
  2. インフルエンサーの協力で注目を浴びる(フォローされやすくなる)
  3. わたしらしいツイートをする
  4. より濃いフォロワー(ファン)を獲得する

となります。第一印象の記事を先に書いたのはこういう理由です。どうしても「たくさんRTもらう!」という考えが先行して、「いっぱいRTされたはずなのにフォローされないぞ?」と悩む方が多いですね。

 

むずかしそうに書いてますが、ある程度ゆるゆるやってもそれなりの結果がついてくるのがTwitterのやさしさでもあります。ゆるく濃いネット交流を促進しましょう!おぐらでした(・ω・)ノ