読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

ブランドモーメンタムを形成せよ!ゼロからはじめるTwitterブランディング術

Twitter運用術

こんにちは、蓄光エバンジェリストおぐらです。

 

早速ですが、胸焼けしそうなTwitter運用のお話です。

 

 

 (親記事はこちら)

oguradiary.hatenablog.com

 

蓄光」というマニアックで扱いにくいものがハンドメイドユーザーの間でどんどん流行っていったというにわかには信じられない現象は、「ブランドモーメンタムが形成されたから」であると言えるでしょう。

 

ブランドモーメンタムについては、いまちょっと悪い意味で話題の会社のコラムではありますが、こちらがわかりやすいのでご参照くださいね。

dentsu-ho.com

 

頼んでもいないのに顧客がどんどんブランドを盛り上げてくれる!

 

なんて素晴らしいことなんでしょうか。

 

実際に、「蓄光」というものが「ハンドメイドユーザー」の間でどんどんブランドモーメンタムが形成されていく様子を見てきました。というか、そうなるように奔走していたんですね。

 

 

ブランドモーメンタムの結果だけ見ると、まぁ実に楽でエレガントそうに見えるのですが、実際にこれをやるにはひたすらリサーチ・分析をしてトライしてトライして失敗を重ねつつ泥を這うような毎日が必要なわけです。

 

f:id:ogura_pp:20151203182744j:plain

 

が! 一度形成されてしまえば、あとは段々と手間をかけなくて済むのは事実です。

 

前にも書きましたが、大前提としては「1のリアクションを得るために100の手間を惜しまない」ことが大切です。その1のリアクションを1000人から得られればいいわけですから。

 

じゃあ具体的にブランドモーメンタムの形成のためになにをやったの? というお話はまた次回で。まずは「ブランドモーメンタム」という言葉があるよというお話でした(・ω・)ノ