読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

私がすました顔しながらイヤホンで怒髪天を大音量で聞いているとは誰も思わないだろう

こんにちは、毎回500円をかけて駅前のコワーキングスペースに行く是非問題がようやく自己解決したおぐらです。

 

仕事モードに切り替える一つの手段として、それまでほぼ登録だけで行ってなかったコワーキングスペースに最近は通っています。

 

自分としてはメリットがものすごくあってウキウキで通っているのですが、家人にポロっとこの話をしたところ、なんとも微妙な顔をされました。

 

f:id:ogura_pp:20161022173633j:plain

※こんな顔↑されたよね

 

おそらく「家にいてもできることなのに、なぜわざわざ500円とガソリン代までかけて通っているのか?」ということなのだと思います。

 

たぶん今読んでいる方も大多数はそう思うんじゃないかと考えています。

 

私にとっては具体的にどういうメリットがあるかというと、

・作業にものすごく集中できる

・コーヒーが無限に飲める

・駐車場からスペースまでほどよい運動量がある

・きちんとした身なりをしなくてはいけないほどよい強制力がある

といったことが挙げられます。

 

喫茶店に行ったりジムに通えばもっとお金はかかるわけで、すごいお得だと思うんですよね。

 

あと地味に最後の項目が大切なのですが、私は基本的にほおっておくとダルンダルンの身なりでも平気で出かけてしまうので、「そこそこの身なり」が必要な場所に強制的に行くのはものすごく効果がありました。

 

ただ、一点「移動中の時間が無駄だな」と思っていたのですが、本日から「車中で家人には評判の悪い怒髪天をめっちゃかける」ということをはじめて、この移動中の時間をものすごく有意義にすることができました。

 

※(怒髪天を知らない方向け)北海道出身のおじさんロックバンドです

 

わたしは本当に学生時代は交友関係で支障が出るレベルで「音楽に興味が無い」人間なので、たぶん怒髪天は唯一自主的に買ったCDと言ってもいいんじゃないかと思います。

 

今日ものすごく久しぶりに聞いたので、なんだかテンションが上がって車から出た後もイヤホンで聞きながらこのブログを書いているわけですが、きっとこのスペースの誰もが私がすました顔して聞いているのは怒髪天なのだということは想像できないことでしょう。

 

ちなみにコワーキングスペース自体にはジャズ的な音楽が流れてます。

 

なんかこのシチュエーションが勝手に面白くなっちゃって、おそらくちょっとにやけているので、今のわたしはものすごくあやしいと思います。

 

 

こう見えて心と身体の好不調が大きく波打つタイプなので、最近はなるべく外圧も使いながら最低限の調子を保とうとしています。

 

そのために「コワーキングスペースに通う」ということがものすごく良い方法だったわけです。

 

みんながみんなコワーキングスペースに通う必要はないけれども、自分だけの「これをやると調子がいい」というのをストックしておくと色々助けになるかと思います。そのためならちょっとのコストはかけちゃいましょう!というお話でした(・ω・)ノ