おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

twitter疲れしてない? 3つのチェックポイントと対処法

皆さんは「SNS疲れ」を知っていますか?

 

SNS疲れというのは、FacebookやLINEなど楽しむために使っていたはずのツールが段々と苦痛になってきてしまうことです。

 

twitterはメジャーなSNSの中では「ゆるい」部類に入るので比較的SNS疲れになりにくい「はず」なのですが、決してそうも言えないのです。

 

皆さんは「Twitter疲れ」していませんか? さっそく次の項目をチェックしてみましょう。

 

 

  1. TLチェックやリプ返しがいつも大変である
  2. 思ったように情報が収集できなくてイライラする
  3. フォロワーとの人間関係に疲れたり嫌な思いをしている

 

 

これらの項目でひとつでも当てはまった皆さん! 実は無自覚に「Twitter疲れ」してしまっているようです。

 

f:id:ogura_pp:20160421085656j:plain

 

twitter疲れにならないための3つのポイント

 

★タイムラインを全て読もうと思わない

「TLチェックが大変!」「TLが追えなくなるからフォローする人を制限している!」という皆さん、そもそもTwitterのタイムラインはすべて読まなくてはならないのでしょうか?

 

一度、自分がTLをすべて読むのにかかった時間を計ってみてください。その時間×1日のTLチェック回数×365……TLをチェックするために1年でそれだけの時間をかけるだけの価値は得られていますか?

 

twitterは「今なにが起こっているか」を感じるツールです。タイムラインを全てチェックしようとするのではなく、ちょっとした合間にふらっと「いまつぶやかれている」ツイートを読んでみましょう。時間なら5~10分、スマホで3スクロールをかけるくらいの分量を読む方が「すべて読もうとする」よりも、ずっと楽しく感じることでしょう。

 

もしも「この人の情報はすべて読みたい!見逃したくない!」というユーザーがハッキリといるのであれば、それはTLを追うのではなくて「リスト機能」を使うべきです。リスト機能については次の項目でご紹介しますね。

 

★非公開リストをきっちり使う

「そもそもリスト機能ってなに?」という方は、こちらの記事をご参照ください。

twinavi.jp

 

リストには「公開」と「非公開」があり、公開の場合は誰かをリストに入れるとそのユーザーに「あなたは〇〇というリストに入れられました」という通知がいき、また自分がどんなリストを作ったかは探せば見られるようになっています。

 

そういうのは抵抗があるな……という方は、ぜひ非公開のリストを使っていきましょう。リストには「フォローしていなくても」ユーザーを入れることができるので、「この人はフォローしたくないけど発言をチェックしたい」という場合にも非公開リストが役立ちます。

 

また、「この人はつぶやきが多いけど定期的に情報がチェックしたいな」という場合は、フォローしてミュートしてリストに入れておく、ということもできます。

 

※ミュートについてはこちらから↓

 

snswalker.com

 

余談ですが、「相手にリストに入れていることやミュートがばれるのが怖い」と思っている方はすでに重度のTwitter疲れなので、1日に20分ほどの有酸素運動を取り入れることを強くおすすめします。

 

 

★相互フォローは相思相愛ではない

人が「フォローする」行為にかけている熱意はそれぞれです。「このユーザーにすべてを捧げる!!」という方もいれば、「あ、なんかちょっといいかな」くらいでフォローしている人もいます。

 

自分が「とっても仲良い人しかフォローしない」からといって、「たいして仲良くしようとしていない」人からのフォローを妨げることはできないのです。どうしてもそれをしたい場合は鍵付きアカウントにしましょうね。

digitalfan.jp

 

「フォローを外されたことで傷つく」という方は、それによって自分自身が否定されたような気持ちになってしまうようです。しかし、本当にそうでしょうか?

 

思っているよりも人は簡単な気分でフォローし、また簡単な気分でフォローを外します。この身軽さはtwitterの長所であり、「そいういうものだ」と思ってしまえば微塵もストレスに感じるとはありませんよ。

 

 

なぜTwitterで疲れてしまうのか

「いい人になろうと思いすぎる」

「とにかく人と絡みたくてしょうがない」

「他人の評価が気になってしまう」

こういった方はTwitter疲れを起こしやすいようです。

 

ハンドメイドユーザーに限った話ではありませんが、真面目な方が多いぶん比較的「疲れやすい」ユーザー層なのだと思われます。

 

根本的には、万人に愛されたいと思うのではなく、自分が心地よく貢献しあいながらコミュニケーションできる関係をつくろうとすれば、おのずとTwitterで疲れることは無くなります。

 

次回はそのためのポイントをご紹介しますね。おぐらでした(・ω・)ノ

 

 

(親記事)

oguradiary.hatenablog.com