おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

実績0スキル1でもクラウドソーシングで仕事を得るための話

皆さんは「クラウドソーシング」って知っていますか? 「アウトソーシングクラウド版」っていうと余計に混乱するかもしれませんが、ものすごくざっくり言うと「ネット上で仕事を発注したり受注できる仕組み」のことです。

 

色々メリット・デメリットがあるかとは思いますが、そのあたりはちょっと調べると色々と出てきます。

www.webcreatorbox.com

 

クラウドソーシングで仕事を受注する人のことをここでは「クラウドワーカー」として話を進めますが、クラウドワーカーにはまず大きく分けて2種類のタイプがいます。

 

1つは何かしらの専門知識やスキルを持ち、その提供で日々の生計を立てている、いわゆる「プロクラウドワーカー」です。

 

例えばデザイン事務所には所属していないデザイナーさんがネットを使ってお仕事を探す・やり取りする、というパターンですね。これに関しても「相場が安すぎ」とか「地雷案件多すぎ」とか評判は色々あって調べてみると面白いのですが、特に私の方でどういう言うつもりはありません。

 

一方で、そうではない「アマチュア」クラウドワーカーとも言うべき人材もいます。よくネット広告で「空いた時間に在宅ワークでお小遣い稼ぎ♪」みたいな感じで誘導されているのが、こちらに分類されますね。

 

今日これから書くのは、こちらについての話です。

 

f:id:ogura_pp:20161219115846j:plain

 

こちらの場合、専門性や必要スキルが低い以上、作業あたりの報酬は限りなく低くなっています。かといって「仕事」であることには変わりがないので、最低限の基準を満たしていないと報酬は支払われません。

 

しかし、これがなかなかわかっていないままクラウドソーシングの海に飛び込んで撃沈しているアマチュアクラウドワーカーがたくさんいます。

 

かく言う私も1番最初はそうっだった1人なのですが、肝心なところさえわかっていれば「実績0スキル1からでも継続的なクラウドワーク案件をもらう」ことは誰でも可能です。

 

わたしの実体験をもとに、公開できる部分はまとめていきたいと思います。

 

なお、「案件をもらう」こと自体は「とにかく安い金額で受注」すればいくらでも出来るのですが、想定として「月に平日20日ちょこちょこ稼働 or 休日8日集中的に稼働で場所や時間に縛られず3万円程度の収入になる」という条件でまとめていきます。

 

月に3万円というのは専業主婦や兼業ワーカーの方を想定して、年間で「基礎控除」の範囲内に収まる程度です。

 

クラウドソーシングとは関係ありませんが、基礎控除ってなんぞ…?? という方は、どうぞ独学で調べて挫折する前に、来月名古屋で開催の確定申告相談会へお越しくださいね! 詳しくはこちらの記事から。

oguradiary.hatenablog.com

 

★ 以下随時更新 ★

oguradiary.hatenablog.com

 

oguradiary.hatenablog.com