読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

自分のメンタルバランスを半強制的に整える仕組みをつくっておこう

こんにちは、鼻水が止まらなさ過ぎなおぐらです。

 

個人的には隠すつもりはないけどお仕事的には大っぴらに書くべきではないかな~と思って積極的には書かなかったのですが、わたしはどうも人よりも感情の起伏が大きく、そこにモチベーションや体調が左右されてしまうタイプのようです。

 

ノっている時には光の速さでアポイントをとって工場見学とか行っちゃうのでちょくちょく驚かれますが、ノってない時には近所のドラックストアにシャンプーを買いに行くのも困難なほど行動力が落ちます。

 

日々の生活に支障をきたすほどではないので医療機関を受診したことはありませんが、前にいた職場を辞め際に「その躁鬱どうにかしろ」と言われたので、ある程度コントロールしないと「お仕事頼みづらい」レベルであることは自覚しました。

 

ちなみにその際「この商売のド素人が!」という言葉も賜ったので、変に素直なわたしは「ご商売の基礎を身に着けること」「気持ちの乱上下をコントロールすること」はミッションとして今でも自分に課しています。

 

f:id:ogura_pp:20170313134103j:plain

 

たぶんわたしと同じような悩みの方は多いでしょうし、そういった性質を持ちつつも意識してコントロールすることでビジネスを成功されている事例も知っています。

 

コントロールする方法はいろいろかと思いますが、わたしはひとつの手段として「他人を利用する」という方法をとっています。

 

どんなに落ち込んでいて自分からは何もできないときでも、何も知らない人からメッセージなりアポイントなりをもらうと、少なくともその人への対応はやらざるを得ません。(逆にこれができないくらいの時は要受診かなと考えています)

 

コワーキングスペースを愛用しているのもひとつの手段で、ここで悩みを相談したりするわけではありませんが、「他人がいる空間に身を置く」ことで自然とメンタルバランスが整えられることがよくあります。不思議ですね。

 

人によっては「ひたすら掃除をする」とか「お気に入りの映画を観る」とかいろいろ手段はあるかと思います。とにかく色々試してみて、自分にとって「コレ!」というものを見つけてくださいね。

 

 

わたしがこうしてメンタルバランスに上下のある人間なので、他の人がそうでも比較的許容できるタイプではありますが、それでも少なくとも「コントロールしようとする気持ち」は必要だと思っています。「わたしはこういう人間だから」と開き直ってしまうのはあまりよろしくありません。

 

「コントロールしたい気持ちはあるけど、自力だと糸口が見つからない」という方には積極的にヒントになりそうなことを発信していきたいと思います、おぐらでした(・ω・)ノ