おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

ネットの繋がらないパソコンと父の育児

「おぐらさん真面目なこと書くんですね…」とうっすら驚かれた前回の更新(母の日の話題)、うっかりすると次の更新が一か月後の父の日頃になっちゃうんじゃないかとうっすら思っていましたが、その通りになってしまいましたおぐらです。

 

この間は「とよはしプログラミングチャレンジ2017」に関するブログを更新していました。

toyopuro-okan.hatenablog.com

 

f:id:ogura_pp:20170614150121p:plain

 

「パソコン作業大好き!」というのはアナログものづくり界隈の皆さんの中ではそこそこに異質ですが、さてなぜ好きになったのか…思い返せば小学校高学年か中学生になった頃でしょうか、実家にパソコンがやってきたことにさかのぼります。

 

うちの父はまあまあ新しもの好き男子だったので、ファミコンが普及しだせばファミコンを買い、Windows98の頃にパソコンを買ってきました。

 

特にものすごいゲーマーだとか仕事でパソコンが必須だったわけではなく、とにかく子煩悩だった父は休日になったらドライブなりなんなり行くわけで、ゲーム機やパソコンは徐々に子どもたちのおもちゃと化していくわけです。

 

パソコンを買った当初はインターネットにしばらく繋いでいなかったので、ソリティアで遊ぶのに飽きた頃から私はなぜかWordに熱中していました。

 

「500円でわかるWord」という薄い入門テキストを片手に「こんなことができるのか!」「あんなこともできるのか!」とワクワクしていたのを今でもよく覚えています。

 

花も恥じらう女子中学生がネットの繋がっていないパソコンでWordに熱中していたのはいかがなものかとは思いますが、どうせ熱中するならExcelにしておいた方が後々役立ったな…とやや後悔もしています。

 

おかげさまで「パソコンはたのしい」と認識した私の頭は、その後も必要なことに関しては「とりあえず調べてやってみる」段階までは難なくできるようになりました。「苦手意識を持ってるかどうか」というのは大きいなと思います。

 

ちなみに運動に関しては非常に苦手意識を持っているので、軽い散歩をしようとしても「この歩き方ってなんか変なんじゃないか…」等々いろいろな不安が頭をよぎり、精神衛生上非常によろしくありません。苦手意識って大きいなと思います。

 

話を父に戻しましょう。

 

うちの父は無口で、タバコをよく吸い、夜は野球を観ながらビールを一本必ず飲む、いわゆる「昔ながらのお父さん」という人。器用に世渡りできるタイプではありませんでしたが、とにかく子どもの世話が好きな人。

 

定年をとうに過ぎた父ですが、パソコンはネットと年賀状くらいにしか使わないものの、今でも楽しくいじっているようです。

 

「あの時パソコン買っといてくれてありがとうね~」と思いつつ、次に帰省する時にはコードモンキーを教えてあげようと思うのでした。

 

皆さんは父の日をどう過ごされますか? プレゼントもいいですが、ゆっくり父親の思い出を振り返ってみるのもよいものですよ(・ω・)ノ