おぐらダイアリー

日々納得したことの記録。

ここ5年間の人生の棚卸しの下書き⑤

 

 

さて、ここまで4000文字をかけつつ全然オチがまとまらなかったのですが、無理矢理まとめていきたいと思います。

 

ここ5年間変わらなかったのは、常にリサーチしてトライ&エラーしてできるだけアウトプットする、というものでした。その精度はちょっと残念なレベルではありますが、「ものすごく好奇心旺盛なこと」「即行動すること」「よくわからない人脈が豊富なこと」は自他ともに認めるところです。

 

これは元々の長所だったところもあるし、短所を補うために意識的にしてきたことでもあります。

 

どんなに違うジャンルでも本質的な共通点を探し、特徴的な違いを探し、できるだけ当事者と話して答え合わせをする。

 

大学は工学部でしたが、ここでの「大規模なものづくり」と、いわゆるハンドメイド作家さんによる「小規模なものづくり」は、共通する部分や特徴的な違いがとても興味深いものでした。

 

講習によって「接客」をする必要性に迫られたとき、「自己完結」することと「他己完結」するのはこんなにも違うことなのか!と、こちらもその違いがとても興味深いものでした。

 

私はもともと好奇心旺盛な反面「何事も中途半端になってしまう」ということがコンプレックスだったのですが、これはそれなりに頑張ると「素人以上の知識を持っていてかつ専門家と意思疎通ができる(円滑な受発注ができる)」ポジションになることができます。

 

このポジションは「もうちょっと知識があると救われる素人さん」を導いたり、「もうちょっと素人の知識レベルをわかっていると円滑になる専門家さん」にアドバイスができるという、とても楽しくやりがいのある動きができるようになります。

 

両者に挟まれることにより労力もそれなりに増えますが、なにより両者に挟まれることによって「ふつうの2倍、対話によるコミュニケーションをする機会を得る」ことになるのです。やったぜ。

 

その機会を様々なジャンルで得ていくと、「色々なことをある程度できる」必要性に迫られます。ものすごいスキルが育つ!というわけではありませんが、需要の隙間隙間を埋めるようなスキルを複数育て続けることになります。

 

こういうことをしていると、いつの間にか「ひろくふしぎなスキルと人脈を持つ」人間ができあがるわけです。わたしのことです。

 

900文字を超えてまとまっていないことに焦り始めているのですが、とにかく私はいろいろな知識と経験を網目のようにつなぎ合わせて、もっと「興味深いこと」をキャッチできるアンテナを広げつつ「より大きなものを受け止められる準備」をしているわけです。

 

これまでキャッチしきれなかったり、変な方向に打ち返してしまったことも多々ありますが、これからもっと知識や経験を積んで「キャッチしたいものをキャッチして打ち出したい方向に打ち出す」ようにできれば、こんなに幸せな人生はないなと思います。

 

ということで、ここ5年間の人生の棚卸しの下書きを終わります。実はこの作業に迫られて3日くらいロクに寝られない日々だったのですが、こうして書くとだいぶスッキリしました。皆さんも(これくらいテキトーでいいので)文字に書き起こしてみると、きっと発見があると思うので、おすすめですよ。(おわり)